胃潰瘍になった人の食事とは!

 

胃潰瘍になった人の食事とは!


胃潰瘍になった方は胃に優しい食事を心がけるようにしましょう。食事の内容を考える前に、胃潰瘍の方は食事を規則正しく、毎日決まった時間に食事をするようにしてください。また睡眠不足も胃潰瘍の原因の一つだといわれていますので、食事と睡眠は胃潰瘍のためだと思って規則正しい生活をしてください。


胃潰瘍になる食事のタイプとしては、急いで食事を済ませる人が見受けられます。食事はできれば20分程度かけて、よく噛んで食べるようにしましょう。さらに食後はあまり身体を動かさずにしましす。できれば横になって胃への負担を出来るだけ少なくするとさらに良いですね。


食事の内容につきましては、たんぱく質をしっかりととりながら消化のよいもを選ぶと良いでしょうね。


胃潰瘍の人が食べると良いとされている食べ物はあさつき・あじ・あなご・あまだい・あゆ・いよかん・うずら卵・うどん・カステラ・かぼちゃ・かれい・チーズ・キャベツ・牛乳・なすの黒焼き・バナナ・鮭・しじみ・じゃがいも・しらうお・すいか・そうめん・たまねぎ・マカロニ・豆腐・トマト・鶏肉・生クリーム・にんじん・白菜・はちみつ・豚肉・はんぺん・もも・ほうれんそう など。


反対に胃潰瘍の人が避けたい食品としては青海苔・きくらげ・牛肉・かつお・あさり・油揚げ・甘納豆・かぶ・きゅうり・ごぼう・昆布・梅干・あわび・いわし・さんま・とうがらし・にしん・ピーマン・福神漬け・サラミ・しょうが・なす・ラム肉・ゆず・レタス・レモン・ほっけ など。


実際に胃潰瘍の方は医師の診断を受けて、さらに栄養士さんからどのような食材をどのように料理すれば良いかを教えてもらうことをお薦めします。